新型コロナウィルスは「おたがいさま」の気持ちで撃退!

おたがいさまの心技体

中国の武漢で発生した新型コロナウィルスは、人から人への感染が確認され、春節(旧正月)の連休を迎えて拡大が避けられない見通しです。

春節の海外旅行先ランキングの1位は日本ということです。

人から人に感染する以上、誰もが感染する立場にも感染させる立場にもなりえます。

パンデミックにしないためには、「自分ぐらいは」という気持ちを捨てて、「おたがいさま」という気持ちで、社会全体で足並みをそろえて対応することが撃退の近道です。

お役立ち情報として、「手洗いのポイント」をまとめました。

アルコール消毒すれば十分?

人が集まる建物などにアルコール消毒のボトルが置かれている風景を目にします。
もちろんアルコール消毒は有効な手段の1つですが、これで大丈夫と考えるのは間違えのようです。適切な「換気」をすること「手洗い」が最も有効な対策です。

こまめに水洗いすれば十分?

石鹸で洗うことが大切です。ウィルスは飛沫感染で人から人に移ることが多く、ウィルスが付着したものに触り、その手で食事をしたり、目などの粘膜に触ることで感染します。
石鹸で手を洗うことで、皮脂などの汚れとともに、ウィルスや細菌などの病原体も皮膚からはがして洗い落とすことができるのです。

 いつ手を洗うのが効果的?

不特定の人からの感染のリスクがあるウィルス対策としては、「人込みから戻った後」のタイミングが最も効果的です。
自宅に帰った時のほか、会社勤めの方であれば会社に出勤した時に石鹸で手を洗うことが、自分が感染しないだけではなく、自分がウィルスをまき散らさないためにも大切です。

 通勤後の手の汚れはひどいの?

なんと「通勤後の手の汚れ」は、「公衆トイレのドアの内側の取っ手」よりも汚れがひどいという調査結果もあります。そしてその手で触る「キーボード」「マウス」「バックの持ち手」にもかなりの汚れが付着しています。
汚れが付着しているということはそこにはウィルスが付着しやすいということです。
オフィスでキーボードをたたきながら、「ちょっと小腹が空いた」といってお菓子を口に運ぼうとしていたあなた!
今、手がとまりましたよね。

※この記事は、「リスク対策.com」を参考にしています。

※コロナウィルスの写真は、arabnews.jpより。

投稿者のこだわり

Takashi
Takashi
「おたがいさま」という日本語が好きです。お客様と共に育つ「おたがいさまビジネス」の起業をめざします。
「早く行きたければ1人で行け。遠くまで行きたければみんなで行け。」という諺も好きです。価値観を共有する人達と力を合わせて遠くへ飛ぶことをめざします。

詳しいプロフィールはこちら
タイトルとURLをコピーしました