サードウェーブコーヒーから学ぶ/コーヒー店巡り

起業に向けて・学びと準備

ブルーボトルコーヒーが2015年に日本に上陸したことも転換点となって、これまでのコーヒーには馴染みがなかった人たちにもファン層を広げる「サードウェーブコーヒー」の波が若者を中心に広がっています。

サードウェーブは、直訳すると「第3の波」!
これまでのコーヒーのトレンドを振り返りながら、サードウェーブコーヒーから学びたいことをまとめました。

今注目されているサードウェーブコーヒーを知ることは、いままでのトレンドを振り返り、これからお客様に提供する価値を模索するためにも大切です。

みなさんにとっても、「そうなんだ~」と思っていただける役に立つ情報があれば幸いです。

「第1の波」と「第2の波」のおさらい

第1の波―ファーストウェイブは、19世紀後半から1960年代頃の大量生産・大量消費のコーヒーの時代に来ました。インスタントコーヒーの普及もあって急速に家庭にコーヒーが広まった時代です。安価になったことでコーヒーが一気にポピュラーになりました。

続く、第2の波―セカンドウェーブは、1960年代から2000年頃に、スターバックスなどのシアトル系コーヒーチェーンの台頭により広まりました。高品質の深入りの豆を使いコーヒーの風味にこだわりつつ、カフェオレやアレンジコーヒーというバラエティーが広がりました。ロゴ入りのカップを持って歩くカッコよさも手伝って私たちの生活文化やファッションにも影響しました。

そして「第3の波」が到来

サードウェーブコーヒーは、コーヒーを単なる生活必需品としてとらえるのではなく、ワインのような高い嗜好性に応える芸術的な食品として、栽培、収穫、精製、選別などの全ての工程の品質管理にこだわります。

個性を持った豆に人気が高まり、「これがコーヒーなの?」という驚きの体験は、今までに抱いていたコーヒーのイメージを変えるものがあります。

サードウェーブコーヒーはスペシャリティコーヒーというカテゴリーの中での、新たなコーヒーの楽しみ方だと思います。スペシャリティコーヒーを中心としたシングルオリジンの豆を、浅煎りで焙煎して、低めの温度でお客様の前で丁寧に抽出するというスタイルです。

この一杯ずつ丁寧にハンドドリップで淹れるスタイルは、日本の伝統的な喫茶店でずっと以前から行われていました。今や若者を中心に流行っているサードウェーブコーヒーですが、年配の方の中には古き良き昭和時代の再来と感じている方も多いのではないでしょうか。

サードウェーブ系のコーヒー店に学ぶ

先日行ったサードウェーブ系のコーヒー店では、3種類の豆の味を比較しながら楽しめる「テイスティングセット」を注文してみました。じっくりとドリップするため待つこと約10分。豆の説明がついたカードと共にサーブされました。

この日のセットは、エチオピア、ガテマラ、ベトナムの3種類。いずれも産地の名称なので「エチオピアはモカですか?」と尋ねたところ、「モカ港から出港した豆であればどんな豆でもモカと言います。」ということでした。

<補足>
別のお店でもモカについて尋ねたことがあります。「モカ港はもうありません。モカの名前はモカ港に由来していますが、モカはコーヒー豆の名前で、コーヒーの原種にあたります。エチオピアやイエメンで育てられています。」というお話でした。

豆の説明カードは、ピンクやモスグリーンなどのカラフルな色彩で、表面には動物などのポップなイラストが描かれていています。裏面には、「メロン」「マンゴー」「レモン」といったフルーツの名前や、「花の香」「さわやか」「クリーミーな舌触り」といった言葉が躍ります。

こうした感覚を大事にした言葉は、カッピングというコーヒーの評価の際にも使われます。ところがコーヒー業界がお客様に向けて発信する言葉には、栽培方法や精製方法というようなコーヒー豆の履歴のような情報が前面に出ているような気がします。

必ずしもコーヒーに詳しくない方にも至福の時間を過ごしていただくためには、こうした五感に訴えるメッセージを大切にしていくことが大切だと思います。

デザインもしかりです。コーヒー業界がコーヒー豆に沿える絵柄は産地の国旗を前面にすることが多く、使われている色彩もコーヒー豆を連想する茶色や緑色です。

コーヒー自体への思い入れの深さゆえだと思いますが、コーヒーを通してお客様が感じる体験に重きを置いてお客様視点でのコミュニケーションを深めていくことで、お客様と共に育つ「おたがいさま」のコーヒービジネスを展開していきたいと思います。

投稿者のこだわり

Takashi
Takashi
「おたがいさま」という日本語が好きです。お客様と共に育つ「おたがいさまビジネス」の起業をめざします。
「早く行きたければ1人で行け。遠くまで行きたければみんなで行け。」という諺も好きです。価値観を共有する人達と力を合わせて遠くへ飛ぶことをめざします。

詳しいプロフィールはこちら
タイトルとURLをコピーしました