おたがいさまの心技体

『コーヒーが冷めないうちに』/心温まる感動のストーリーに学ぶ

川口俊和さん原作の『コーヒーが冷めないうちに』は、4話からなる心温まる話が綴られていて「4回泣ける小説」として話題を呼び映画化もされました。 大切な人に想いを伝えられなかった後悔を抱く人が過去に戻ってその想いを伝える話です。 逆説的に、過去に戻れないからこそ今きちんと伝えておこうという気持ちにさせてくれる作品です。
フィルム・ショーケース

『TAKING CHANCE/戦場のおくりびと』/アメリカの強さと優しさ

イラク自由作戦で命を落とした海兵隊員の遺体を家族の元に送り届ける移送勤務の全容を描いた実話に基づく作品。戦死者という犠牲をはらう軍事作戦を展開するアメリカ。その裏側には、たとえ見ず知らずの人であっても、戦死者や家族の想いを自分のことのように想像して、おたがいが寄り添い支え合うという繊細で優しいアメリカも同居している。
起業に向けて(学びと準備)

素敵なおたがいさま企業/「葱王」のティー・エスファームに学ぶ

今やデパートでも売られる埼玉県上里町産のブランド長ネギ「葱王」を生産・販売するティー・エスファームの取り組みが素敵です。日系ブラジル人2世の斎藤さんのブランド戦略とビジネスモデル構築に至る今日までの歩み。大変な人生を乗り越え、おたがいさまの気持ちを実現する斎藤さんの生き様が素敵です。
起業に向けて(学びと準備)

人の味覚は意外と脆弱/「クロスモーダル効果」に学ぶ

「クロスモーダル効果」という言葉を聞いたことがありますか? かき氷のシロップには、イチゴ、メロン、ブルーハワイなどいろいろな味がありますが、実は元となっているシロップは全部同じで、香料と色を変えているだけなんです。人は味覚以外の感覚によっても味を感じるという脳の錯覚が「クロスモーダル効果」です。
起業に向けて(学びと準備)

ユニコーン企業からゼブラ企業へ/起業を取り巻く環境変化

「ユニーコーン企業」の対局的なワードとして「ゼブラ企業」という言葉を聞いたことがありますか? 起業(スタートアップ)に対する投資環境の変化、産業集積の多様化、サラリーマンの意識変化、ソーシャルマインドの変化などから、起業(スタートアップ)は身近なものへとなってきています。
起業に向けて(学びと準備)

お客様に寄り添ったECサイト/「LOHACO」に学ぶ

重くかさばる日用品や食品を玄関まで届けるという補充型のECビジネスとして、LOHACOのビジネスモデルには特徴があります。店頭を通さないECだからできる生活者起点のデザイン商品を販売することで、忙しい生活を送りながらも丁寧に暮らしたいという女性の支持を得ています。
起業に向けて(学びと準備)

冷凍食品の進化が凄い/お客様に寄り添う姿勢を学ぶ

冷凍食品の進化が凄いです。 プロが作った一皿に優るとも劣らないほどの冷凍食品がどんどん登場しています。 冷凍食品は、5,000種類以上あり、売上は1兆円(=人口を1億人とすると一人当たり年間1万円使っているという計算)と言われています。消費者向けビジネスのポイントを学びます。
デジタル時代のビジネススキル

高まるSNSマーケティングの重要性

デジタル時代において、お客様に自社を選んでいたただき、ファンになっていただくためのコミュニケーションメディアとして、SNSの活用の重要性が増しています。SNSごとの特徴を理解して戦略的に組み合わせていくことが重要です。
起業に向けて(学びと準備)

ミシュランの星を獲得した「80/20」からブランド戦略を学ぶ

タイでレストランを開業後、わずか4年でミシュランの星を獲得した星野早紀さんという人がいます。星野さんがタイ人のご主人と2人でバンコクに開いたレストラン「80/20(エイティ・トゥエンティ―)」を、ブランド戦略の観点から検証してみました。
起業に向けて(学びと準備)

起業に興味を持ったら迷わず「スタートアップハブ東京」へ!

東京駅丸の内出口から徒歩5分程度の立地にStartup Hub Tokyo(SHT・スタハ)という東京都が運営する創業支援施設があります。 少しでも起業に興味がある方は、躊躇することなく、足を運んでみることをおすすめします。「はじめの一歩」はスタハで!
タイトルとURLをコピーしました