PROFILE

Takashi 

15歳でアメリカに留学して高校を卒業したものの当時の英語力はいまひとつ。帰国後に必死に勉強してキャッチアップ。

大学では法律を専攻。社会人になった後もリーガルマインドをフルに活用。

30歳の頃、英語で海外から衣服を個人輸入。複数の海外アパレルメーカーに日本市場向けサポートビジネスを提案し日本側のスポンサー企業も見つけるも、スポンサー撤退により断念。

社会人としての前半戦は、オリジナリティとクオリティにこだわる妥協知らず。会社を設立・運営したり、事業部を立ち上げて外販ビジネスを展開するなどの起業も手掛ける。複数の分野で新しい取り組みとして注目され新聞掲載や講演依頼を受ける。

仕事中心の生活への反省から、後半戦はワークライフバランスにシフト。ヨガ・トレーニング・華道・書道などで雑念から離れてマインドフルネスになるひと時、自分で生豆から焙煎するコーヒーやカベルネソーヴィニヨンを飲みながら読書や映画鑑賞にひたるひと時、愛車WRXの加速とコーナリングを体感するひと時が至福の時間。

タイトルとURLをコピーしました